モテるスキンヘッドの共通点|相性抜群の3つのアイテムとは?
イチロウイチロウ

元気ですかーーー!?

オイラよりずっと年下だが、

ROLANDを尊敬しているイチロウです

現代ホスト界の帝王といえばROLANDだよな。彼は日頃からこんなことを言っている。

ROLANDROLAND

世の中には2種類の男しかいない。俺か俺以外か

ROLANDの特有の言い回しだが、髪仙人のオイラが言うとこんな感じだ。

イチロウイチロウ

世の中には2種類の男しかいない。

ハゲか、ハゲ以外か

まぁ、オイラを含め禿げる運命で生まれてきた奴は、いつかスキンヘッドの片道切符を使う日が来るかもしれない。


そこで!

いつスキンになってもいいように、

今記事では、ほとんどの日本人が似合わないと言われているスキンヘッドを、カッコよく見せる3つの方法を紹介する。スキンが似合う男はみんなやってる共通点だぞ。

カッコよく見せる3つのアイテム

スキンヘッドをカッコよく見せるアイテムはこの3つだ。

スキンヘッドをカッコよく見せるアイテム
  1. ヒゲ
  2. サングラス
  3. マッチョ
以下に説明していく。

鉄板アイテムのヒゲ

スキンヘッドにすると決めたら絶対に取り入れたいアイテムがヒゲな。

なぜかというと、日本人の顔の特徴として丸顔で彫が少ない形が多いわけだ。その条件下でスキンにしたらただの一休さんだ。

一休さんならトンチを使ってなんとかするかもしれないが、トンチが使えないなら髭を生やすのが手っ取り早い。とりあえずスキンと髭が似合っている例を挙げるから参考にしてくれ。

いきなり男前の例で悪いな。ヒゲの白髪はスキンヘッドと相性がいい例だ。大人の色気が出るアイテムだぞ。

(出典:bartstyles

ヒゲ+ジャケットを上手く活用できると、大人のお洒落スキンヘッドに変身できるぞ。色は黒でまとめるのが無難だ。

(出典:otokomaeken.com

井上雄彦先生。スキンではないが、坊主と髭の組み合わせは正装でも似合う例だ。

(出典:fashion-headline

関連記事
武藤敬司の若い頃の画像と、髭を生やした理由を語る

スキンヘッドとサングラス

スキンと合う二つ目のアイテムはサングラスな。

普段サングラスをかけない方は、かけ始めに照れがあると思うが、おもい切ってかけてみると意外といけちゃうもんだ。

実際にオイラもサングラスをかける習慣がなかったから、はじめは抵抗があったけど今はへっちゃらだ。

こんな感じでかけている。夏場は目の疲れ軽減になるからおススメだ。

鉄板例で悪いが竹中直人。オシャレ親父の見本だ。スキンヘッドになったらピアスでお洒落するのもアリだよな。

(出典:instagram

ご年配のスキンヘッドもジャケットを上手く着こなすこで、ナイスミドルに変身だ。サングラスもいい感じで決まってる。

(出典:otokomaeken

若くしてハゲても大丈夫!サングラスやヒゲ、服装などを駆使すればお洒落スキンになれるぞ。

(出典:https://www.pinterest.jp/

まあ、サングラスは星の数ほどある。色々な形のものを試着して自分に合う一品を見つけよう。

スキンヘッドとマッチョ

ハゲてきたら普通の神経ならまず凹むぞ。モテなくなるし、自信はなくなるし、日常生活でも落ち込むと思う。

そんなときにおススメなのが筋トレだ。筋肉がつくと自分に自信がわくし、スキンヘッドにしても筋肉との相性は抜群だ。

鉄板例で悪いがドウェインジョンソン。説明は不要だよな。

(出典:instagram

実写版クリリンじゃないぞ。この方は離婚後にボディービルを始めてマッチョに変身している。日焼けと筋肉がマッチしていてカッコいいよな。

(出典:https://jp.sputniknews.com/

年配の方でも筋肉がつくと別人になるぞ。オイラ的にアドバイスするとしたら、髭を生やしてグラサンして、白のタンクトップを着たら最強だと思う。

(出典:https://ameblo.jp

あえて年配の方の例を挙げておく。筋トレは「ヤル気」さえあれば何歳からでもできるという意味でだ。

(出典:youtube

オイラも体型をキープするために、筋トレは継続的にやっている。アラフィフだけど体脂肪一桁の細マッチョ!?だ。

(令和元年9月12日撮影)

最後に。

日本人が似合わないと言われているスキンヘッドを、カッコよく見せる3つの方法を紹介した。

スキンをカッコよくするアイテム3つ
  1. サングラス
  2. 筋肉

スキンヘッドが似合う方の共通点は、ヒゲやサングラスのアイテムを上手く取入れてお洒落スキンヘッドに変身している。

そこにプラス筋トレをして、年齢以上の体型や筋肉を身にまとえば、ハゲのビハインドなんて吹っ飛ばすことができる!

服や身に着けるアイテムが苦手の方は、おもいっきり筋トレすることをススメる。マッチョな筋肉を身にまとえばタンクトップ1枚で勝負できるから服装は気にしなくてもいい。

以上、今回の記事が参考になれば嬉しい。最後までご覧いただきありがとうございました。