【植毛失敗】ドナー傷跡を修正する2つの有効な方法とは?
イチロウイチロウ

元気ですかーーー!?

20代前半からハゲのスイッチが入ったイチロウです

毎日大量に抜ける毛を見ては恐怖を感じ…、周りの視線を感じては負い目を感じ…、何とかこの事態を打破しなければと、当時、藁をもつかむ思いで2回の自毛植毛を決行。


その代償で得たものは、ほんの数年間だけ普通に過ごせた日常と、後頭部の傷跡だ。(ロロノア・ゾロの左目ぐらいでかいやつな)

植毛を選んだのは自分だし、後頭部に傷が残るリスクも分かってたはずなんだけどな…、今思えばやらなきゃよかったと思ってる。

当時は、傷跡を眺めては植毛を決断した後悔の毎日だったよ。


しかし!

「絶対に傷口を治してやる」と諦めずに調べた結果、有効な手段が2つみつかったんだ。今記事では「ドナー傷跡を修正する有効な手段2つ」を紹介していく。

ドナー傷跡を修正する2つの方法

植毛 傷跡 修正」情報を、インターネットを駆使し世界中から集めた結果、有効な方法だと思うものがこれだ。当時はタイミングがあればどっちかをやろうと決めていた。

ドナー傷跡を修正する2つの方法
  1. HIS ヘアクリニック
  2. FUE法 自毛植毛
以下に説明していく。

①HISヘアタトゥー

一つ目の方法はHISヘアクリニックだ。ここの治療はハゲてる部分に疑似毛根のタトゥーを入れることで、フサ坊主にみせる発想だ。

海外でこのサイトを見つけたときはマジ嬉しかった思い出がある。「傷跡にタトゥーを入れれば目立たなくなるかも!?」と、一筋の光が差し込んだ瞬間だったな。


海外で見つけたサイト↓ ↓ ↓ ↓

 

すげーだろこの技術!

目からウロコだろ!

傷で悩んでるブラザーは絶対に興味あるだろ!

しかし、オイラがこのサイトを発見した時は、この技術(ヘアタトゥー)は海外しかなく、残念ながら日本に支店がなかったんよ。それでも待つこと2~3年。ついに日本でもヘアタトゥーがオープンした情報を手に入れたのだ!

イチロウイチロウ

当時は、ヘアタトゥーをやりたくて本気で海外まで行こうと思っていた

HIS日本支店誕生する

HISヘアタトゥーの日本支店がこれな。ブログ名は「王様のあたまはハゲてない」。いかにもやってくれそうな感があるだろ!

HIS日本支店
 ↓ ↓↓↓ 
王様のあたまはハゲてない

王様ブログには、まさしくオイラと同じような植毛傷跡を治している方の記事が掲載されていた。

ビフォー

アフター

(画像:王様ハゲてない

H・I・S の技術やべーだろ!?ロロノア・ゾロ級の傷跡が目立たなくなってるだろ。

この画像を見てオイラの腹は決まったんだ。速攻でHISさんに問い合わせをして相談の予約をする。

最初は相談だけのつもりだったが、その日のうちに1回目の施術をしてもらうことに。

そのあと3回ほど施術をうけて完成!コンプレックスが消える日を迎えることができて素直に嬉しかったな。

オイラの傷跡修正↓ ↓ ↓ ↓

※HISさんの価格等、詳しい話はまた今度するな。

②FUE法 自毛植毛

2つ目の方法はFUE法自毛植毛だ。一つ目のHISさんがなかなか日本にこなかったから、このFUE法で傷跡を修正しようと思ってたんだ。

実際にこの方法で傷跡修正はしていないが、当時けっこう調べたし、有効だと思うからシェアするな。

FUE法自毛植毛とは?

(画像:紀尾井町クリニック

FUE法とは注射器みたいな器具を使い頭皮に穴を開けて、髪の毛を毛根ごとくり抜いてグラフト(髪の毛)を採取する方法だ。


具体的にどうやって後頭部の傷跡を目立たなくさせるかというと、後頭部と側頭部の毛をFUEでくり抜いて傷跡部分に植毛するんだ。

この方法で傷跡修正できるか、地元のクリニックに相談に行ってきたぞ。

回答はFUEのくり抜き場所を離せば、あまり傷は目立たなくなるといっていた。よってこの方法も検討していた一つだ。

まぁ、実際にやってないから強くは言えないので参考程度にしといてくれ。しかし、いずれ毛量アップでこの方法をやるかもしれないから、そん時はシェアするな。

最後に。

植毛後にできた傷跡を治す方法を2つ紹介した。

ドナー傷跡を修正する2つの方法
  1. HIS ヘアクリニック
  2. FUE法 自毛植毛

オイラが実際にやったのは1のHISな。

当時、植毛をしたことでゾロ級の傷跡が残ったときはマジで後悔したけど、おもいきってHISさんに相談したのは間違いじゃなかったな。

周りから「何だその傷!?」っていわれる恐怖感から脱却できてHISさんに感謝している。

植毛の傷跡で悩んでいるブラザー達はぜひ参考にしてみてくれ。最後までご覧いただきありがとうございました。

髪仙人髪仙人

モチベアップにポチたのむ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ にほんブログ村 健康ブログ 植毛・自毛植毛へ